Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

鳥取県立博物館のサイトが改ざん - 個人情報漏洩は発生せず

鳥取県立博物館が不正アクセスを受け、データベースが改ざんされる被害が発生した。個人情報の漏洩や不正サイトへの誘導といった被害はなかったという。

今回の改ざんでは、同博物館がウェブサイトで提供しているデータベースが改ざんされたもので、1月8日17時10分ごろ、職員が作業のためデータベースのページを開いた際、被害に気が付いた。

「収蔵資料データベース」の化石や動物の解説ページなど6カ所、「鳥取県の行事・祭りデータベース」で1カ所が不正に書き換えられた。アクセスすると文字化けした文字列が表示される状態だった。同県では再設定や復元作業を実施したが、ネットワークから切り離して詳細な調査を続けている。

同博物館は、公開サーバに設定ミスがあったとしており、公開用データベースへ「書込権限」が付与された状態のまま運用されていたことが原因だったと説明している。

改ざんされたサーバには個人情報を保存しておらず、漏洩被害はなかった。またプログラムの改変や外部ページへの不正なリンクなども確認されておらず、被害報告なども寄せられていないという。

(Security NEXT - 2013/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

長岡京ガラシャ祭のサイトが改ざん - 外部サイトに誘導
「EXILE TRIBE」の公式通販サイトでクレカ情報流出 - 一部不正利用も
ポータルサイト「長崎原爆の記憶」が改ざん被害 - 長崎市
正規署名で検知回避する「SigLoader」 - VPN経由の標的型攻撃で悪用
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
たらこ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出、不正利用のおそれ
モバイルマーケ情報サイトが改ざん - 意図しない記事投稿やカテゴリ追加
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「マンション・ラボ」に不正アクセス - 記事ページが改ざん被害