Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PayPalを装い期限付きでサインオン迫るフィッシング攻撃

PayPalのログイン情報を詐取しようとするフィッシングメールが発生しているとして、フィッシング対策協議会では注意を喚起している。

今回確認されたのは、件名が「Important message: You need to sign on with the next three days」とされるメール。本文は、不自然な日本語で記載されており、3日間以内にサインオンするよう求め、リンクをクリックさせようとするという。

リンク先は、PayPalに似せたフィッシングサイトで、ログインに必要なメールアドレスやパスワードなどを詐取されるとして、同協議会では注意を求めている。

(Security NEXT - 2013/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
北海道銀行を装うフィッシング - 他攻撃の文面を使い回しか
情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
緊急事態宣言の再発令に早くも便乗、「特別定額給付金」フィッシングに注意
対象地域拡大する緊急事態宣言、テレワーク実施時はセキュ対策徹底を
「UCカード」利用者狙うフィッシング - 利用状況確認とだます手口
三越伊勢丹グループの「エムアイカード」装うフィッシングに注意
「特別定額給付金」フィッシング、実際に誘導されるケースも
フィッシング報告、2カ月連続で3万件超 - URL件数も高水準