Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

連絡先情報盗むAndroidマルウェアに新種 - 偽サイト「Gcogle Play」で配布

シマンテックは、個人情報を収集する日本人を狙ったあらたなマルウェア「Android.Exprespam」を確認した。

同社が確認したのは、従来と同様、端末内の連絡先に登録されている名前とメールアドレスを収集するマルウェア。スパムメールを通じて「Google Play」を装った偽サイト「Gcogle Play」へ誘導し、同サイト経由で配布されている。

インストールする際に、類似の正規アプリであれば、許可を求めない「個人情報へのアクセス」「携帯電話のステータスとIDの読み取り」「アカウント情報」などの許可を要求。起動すると「デバイスに対応していない」などとして利用できないが、個人情報は外部サーバへ送信される。

配布サイトでは、「セーフ・バッテリー」「最速充電」「チェック」「年賀状・メイカー」「ミラクルフェイス」「100%絶対起床」「アプリ福袋」「まるごとアイフォンコンバーター」「芸能人ゴシップまとめエビ」という9種類のアプリページが公開されているが、すべて同一のアプリがダウンロードされるしくみだったという。

今回の配布に利用された問題のサイトに利用されているドメインは2012年12月27日に登録されたばかり。アプリの「APKファイル」に含まれるシグネチャは、1月2日から有効期間となっていた。

(Security NEXT - 2013/01/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
CiscoのWindows向けVPNクライアントに脆弱性 - 更新を
Android版「COCOA」で不具合 - 実機の動作検証で判明
悪意あるファイル5%増、URLは6割減 - カスペ調査
エレコムの旧複数製品に脆弱性 - サポート終了製品の利用中止を
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
「Firefox」に深刻な脆弱性 - Android版にも影響
「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘
Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応