Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

TIS、DC利用者向けにセキュリティ運用監視サービスを提供

TISは、同社データセンターの利用者向けのセキュリティ対策サービスを拡充した。

同社が運営する都内データセンター「GDC御殿山」の利用者向けに提供するセキュリティ機器を充実させ、さらにブロードバンドセキュリティ(BBSec)のマネージドセキュリティサービス(MSS)を活用した運用監視サービスをメニューへ追加したもの。

同社では、これまでセキュリティ機器としてファイアウォールやUTMを提供してきたが、今回あらたにIDSやIPS、ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)、パケットキャプチャ装置の提供に対応。月額単位で利用でき、ユーザー数やシステム拡張による見直しにも1年単位で対応する。

さらにフルタイムのインシデント監視や分析結果の提供に対応。ポータルサイト経由で月次レポートを提供したり、サービス状況の確認が可能となる。

(Security NEXT - 2012/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

正規の「リモート管理ソフト」が攻撃者のバックドアに - 米政府が警戒呼びかけ
富士通のネット回線サービスで不正通信 - クラウドやMSSなどにも影響
ランサム身代金、FBIは支払いに否定的ながらも一定の理解
EGセキュア、クラウド型WAFサービスを提供 - CMS向け設定や国別フィルタも
AWS向けFWマネージドサービスの国内展開を開始 - パロアルト
セキュリティ監視やヘルプデスクの運用サービス - SCSKサービスウェア
XDRのマネージドサービスが日本語対応 - ソフォス
ラックとNRI、クラウド向けMSSを提供する新会社を設立
ニップン、決算提出期限を延長申請 - 約9割のシステムに被害、帳票処理が手作業に
「FireEye」が「Mandiant」に社名変更 - クラウドプラットフォームに注力