Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2013年1月に制御システムセキュリティカンファレンスが開催

経済産業省とJPCERTコーディネーションセンターは、制御システムにおけるセキュリティ対策の推進を目指し、「制御システムセキュリティカンファレンス 2013」を1月24日に都内で開催する。参加費は無料。

同イベントは、重要性が増している制御システムのセキュリティ対策について、関係者による関連課題の情報共有や、解決を目的とした連携構築を目指したカンファレンス。脆弱性を取り扱うためのフレームワークや、海外との連携状況、取り組み事例、対策ツールなどの紹介や調査結果の報告などを予定している。

対象は、ユーザー企業や事業者、システムインテグレータ、製品開発者、研究者など制御システム関係者で定員は300名。参加の申し込みはメールで受け付ける、締め切りは2013年1月21日で、定員となり次第締め切る。

(Security NEXT - 2012/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2022年4Qインシデント件数は減少 - ウェブ改ざんなど減少
IPA、独政府「産業制御システムの10大脅威」の日本語版を公開 - チェックリストも
JPCERT/CC、「ベストレポーター賞 2022」を発表
「制御システムセキュリティカンファレンス」の参加者募集がスタート
ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC
脆弱性DB「JVN iPedia」の3Q登録数、前四半期から倍増
3Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんは増加
「制御システムセキュリティカンファレンス2023」のCFPが開始に
インフラ関係者9割超、サイバー攻撃による産業制御システムの中断を経験
2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加