Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米Fortinet、AWSに仮想ウェブアプリファイアウォールを提供

米Fortinetは、クラウドサービス「Amazon Web Services(AWS)」にウェブアプリケーションファイアウォール「FortiWeb仮想アプライアンス」を提供開始した。

同ソリューションは、ウェブアプリケーションに対する攻撃を防御する仮想アプライアンス。シグネチャによる防御、データ流出対策機能などを搭載。アプリケーションの脆弱性を詳細に分析できる脆弱性スキャナを統合している。

また利用者の動作をプロファイリングし、許可する動作のベースラインを確立できるほか、リアルタイムデータ分析機能により、ウェブアプリケーションの利用状況を把握できる。AWS上で動作するウェブアプリケーションファイアウォールについても、同社製品の管理プラットフォームによる一元管理に対応している。

(Security NEXT - 2012/11/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
UTMに1Uの高スループットモデルを追加 - ウォッチガード
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
不正通信診断サービスを1月29日まで無償提供 - ALSI
機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト
イー・ガーディアン、JP-Secureを完全子会社化
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
FWルールを自動生成する産業制御システム向けルータ - フエニックス
WAFにDDoS防御機能を追加 - CDNetworks