Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、専門企業と連携する独自組織でサイバー攻撃対策の支援体制を強化

NECは、サイバー攻撃対策のノウハウを蓄積する横断的な組織を設置し、企業や官公庁向けのセキュリティソリューションの販売を強化する。

同社セキュリティ関連部門を連携させた組織「サイバーセキュリティ・ファクトリー」を設置するもので、企業や官公庁におけるサイバー攻撃対策の導入や運用を支援するための体制を強化する。

同組織では、トレンドマイクロ、ラック、フォティーンフォティ技術研究所、サイバーディフェンス研究所などセキュリティベンダーと連携。サイバー攻撃の動向やインシデント対応に必要な技術、ノウハウを集約し、サイバー攻撃対策ソリューションの開発拠点として活動する。

また同組織を活用し、標的型攻撃の脅威を可視化する「インシデント可視化ソリューション」、標的型攻撃による被害の有無を検査する「標的型攻撃検査サービス」など、サイバー攻撃の対策システムについて導入から運用支援までパッケージで提供。年間100億円の売上を目指す。

(Security NEXT - 2012/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞
小売電気事業者向けにセキュ対策ガイドライン - 経産省
「テレワークセキュリティガイドライン」に改定案 - パブコメ実施
2020年の攻撃通信パケット、前年比1.5倍 - NICTまとめ
法人向けESETエンドポイント製品のWindows版に新版 - 暗号化製品も追加
海外ゲームメーカーでランサム被害 - 人気タイトルのソースコード流出か
東大総長を装う「なりすましメール」に注意
同じ「看板」掲げても異なるセキュリティ対策製品
Cymulate製の疑似標的型攻撃サービス - 内部感染フェーズも再現
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも