Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JSSEC、安全なAndroidアプリの設計ガイドの第2版を公開 - 意見を募集中

日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)は、「Android アプリのセキュア設計・セキュアコーディングガイド」の最新版を公開した。12月28日まで意見を募集している。

同資料は、Android向けアプリケーションの設計や開発時に求められるセキュリティのノウハウを収録したガイド。脆弱性を作り込まないためのポイントやAndroidに用意されたセキュリティ機能の説明などを開発者の視点からまとめており、サンプルコードも提供する。

6月より公開しており、すでに約13万件のダウンロードがあったという。今回公開した「2012年11月1日版」ではよりコンテンツを充実させ、あらたに「サンプルコードのEclipseへの取り込み手順」「Androidアプリのセキュリティ」「Browsable Intentを利用する」「Account Managerで独自アカウントを追加する」「Clipboardから情報漏洩する危険性」といった項目を追加している。

(Security NEXT - 2012/11/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
CiscoのWindows向けVPNクライアントに脆弱性 - 更新を
Android版「COCOA」で不具合 - 実機の動作検証で判明
悪意あるファイル5%増、URLは6割減 - カスペ調査
エレコムの旧複数製品に脆弱性 - サポート終了製品の利用中止を
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
「Firefox」に深刻な脆弱性 - Android版にも影響
「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘
Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応