Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2012年台四半期のAndroidマルウェア、前四半期から10倍以上に - F-Secure調査

F-Secureは、2012年第3四半期に5万件を超えるAndroidマルウェアを検出したとの調査を取りまとめた。

同社によれば、「Android」を対象としたマルウェアは、前四半期の10倍以上にあたる5万1000件超まで拡大し、モバイルマルウェア全体の66%を占めた。検出されたマルウェアの多くは、有料SMSの送信やデバイス情報を窃取する機能を備えており、金銭目的に作成されたと見られている。

一方「Symbian」は、モバイル市場においてOSのシェアは4.4%にとどまる一方、マルウェアの件数は全体の約30%にのぼっている。

同社はその多くが中国で作成されていると指摘。Android向けのマルウェアと同じく金銭目的で作成されており、有料SMSの送信を行うものだった。また開発途上国においてSymbianを利用するユーザーが多く、今後も同様の活動が続くと予測している。

モバイルマルウェアの種類を見ると、トロイの木馬の割合が高く、モバイルマルウェア全体の7割以上を占める。「リスクウェア(7.5%)」「モニタリングツール(6%)」が続いている。

(Security NEXT - 2012/11/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件
国内モバイル端末狙う攻撃が活発化 - 背景に「Roaming Mantis」
不正送金マルウェア - 企業狙いへシフトか
SMSによる偽不在通知の相談、2年で2000件超
2019年4Qの「JVN iPedia」新規登録は4434件、OS関連の登録目立つ
2019年上半期の攻撃パケット、IPアドレスあたり約48万件
Androidマルウェア、検知数が 前年比約1.7倍に - 新種ランサムは9分の1
端末の遠隔ロックやGPS追跡、利用率は2割強
2018年2Qの脆弱性登録は3757件 - 上位8割がOS関連
2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加