Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GMOグローバルサイン、1件のSSL証明書で複数FQDNに対応する定額サービス

GMOグローバルサインは、最大101個のFQDNまで対応するSSL証明書の定額制サービス「クラウドSSL」を提供開始した。

同サービスは、同一グローバルIPアドレスで運営する複数サイトについて、1枚のSSL証明書で対応する新サービス。2月から提供している「マルチドメインオプション」をもとに開発した。

1件のSSLサーバ証明書に対し、最大100件のFQDNを追加することが可能。FQDNの追加の際にドメイン使用許諾書を提出する必要がなく、定額制サービスとして提供するため、追加や削除時の費用も発生しない。

ホスティング事業者やキャンペーンなど多数サイトを運営する企業へ展開。APIを提供するため、自社サービスに組み込んで運用できる。料金は契約期間や最大FQDN件数で異なるため、個別見積もりにて対応する。

(Security NEXT - 2012/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サーバ管理証明書の一元管理プラットフォームを提供 - デジサート
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
ブロックチェーンでIoT機器の真正性を確保 - NEC
ネット分離環境でファイルを受け渡しする製品 - ソリトン
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
家庭用IoTデバイスを保護するセキュリティソリューション - デジオン
CSAJ、データ消去証明書の発行事業を開始 - 対応ソフトやサービス事業者を募集
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
デバイス証明書にも対応するクラウド向けSSOサービス - HDE