Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PC版「LINE」の不具合、利用者86人に影響 - 原因はシステム更新時の不具合

NHN Japanは、10月31日にパソコン版「LINE」で発生した不具合について、影響範囲や原因について公表した。

同社によれば、不具合が発生したのは同日18時55分から約5分間で、メッセージが混線しランダムに表示される事象が発生。これにより、利用者86人において、メッセージが本来の送信先と異なる別の利用者に届いた。日本国内では12人に影響があったという。

同社では原因について、システム更新時の不具合と説明しており、再発防止に取り組むとともに、対象利用者へ500円分の金券を送付して謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2012/11/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託先従業員が住民に私的メッセージを送信 - 大阪市
電子カルテを目的外閲覧、外部漏洩した職員を処分 - 徳島県
ファッションブランド「MACHATT」の通販サイトに不正アクセス
LINEギフトの誕生日公開、ヘルプ記載と異なる仕様
「LINE VOOM」で非公開の友だちに投稿を閲覧される不具合
識別子などユーザー関連情報がGitHub経由で流出 - LINE Pay
新型コロナ対策のウェブアンケートが閲覧可能に - 婦人靴メーカー
LINE問題でZHD特別委員会が最終報告書 - 「ユーザー目線での横と縦のガバナンス」を
オープンなチャットを利用、個人情報が流出 - 埼玉県立特別支援学校
LINEのQRコードログインに2要素認証バイパスの脆弱性 - 悪用被害も