Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PC版「LINE」の不具合、利用者86人に影響 - 原因はシステム更新時の不具合

NHN Japanは、10月31日にパソコン版「LINE」で発生した不具合について、影響範囲や原因について公表した。

同社によれば、不具合が発生したのは同日18時55分から約5分間で、メッセージが混線しランダムに表示される事象が発生。これにより、利用者86人において、メッセージが本来の送信先と異なる別の利用者に届いた。日本国内では12人に影響があったという。

同社では原因について、システム更新時の不具合と説明しており、再発防止に取り組むとともに、対象利用者へ500円分の金券を送付して謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2012/11/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

住民関連の情報をLINEグループに投稿、職員を懲戒処分 - 湖南市
LINEヤフー、個情委に報告書を提出 - 進捗状況知らせるページも
総務省、LINEヤフーに行政指導 - 「電気通信事業全体の信頼を損なった」
LINEヤフーのサイバー攻撃被害、メールやSlack上でも - 対象件数を修正
キャンペーン応募者の個人情報が閲覧可能に - コムテック
外部サービスのAPIで役職員情報が公開状態 - LINEヤフー
2.5次元俳優グッズの通販サイト、個人情報流出の可能性
救急車出動先を知人にLINE送信、職員を懲戒処分 - 明石市
「LINE PLACE」の投稿レシート画像が第三者から参照可能に
権限悪用しコロナ感染者情報を不正閲覧、知人に漏洩 - 東京都