Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PC版「LINE」の不具合、利用者86人に影響 - 原因はシステム更新時の不具合

NHN Japanは、10月31日にパソコン版「LINE」で発生した不具合について、影響範囲や原因について公表した。

同社によれば、不具合が発生したのは同日18時55分から約5分間で、メッセージが混線しランダムに表示される事象が発生。これにより、利用者86人において、メッセージが本来の送信先と異なる別の利用者に届いた。日本国内では12人に影響があったという。

同社では原因について、システム更新時の不具合と説明しており、再発防止に取り組むとともに、対象利用者へ500円分の金券を送付して謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2012/11/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE
顧客情報約250万件含む磁気テープを紛失 - みずほ総研
服飾品に不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
「ダイヤモンド・プリンセス」運営会社から情報流出 - 2019年中ごろに発生
まつ毛エクステ通販サイトに不正アクセス - 決済画面が改ざん
Avastのブラウザ拡張機能が大量のデータを収集 - 研究者から懸念の声
来庁者の電話番号もとにLINEへ連絡、職員を処分 - 大阪市
ローン申込者の顧客情報を「OpenChat」へ誤投稿 - LINE Credit
職員が住民の携帯番号を私的流用、LINEスタンプ送信 - 大阪市
石井スポーツ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性