Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

auを装ったフィッシングが発生 - 今後も類似攻撃に注意を

auを装ったフィッシング攻撃が発生しているとして、KDDIやフィッシング対策協議会では注意を呼びかけている。

今回確認されたのは、KDDIが会員向けに提供しているサービス「au one net」のウェブメールを装った攻撃。フィッシングメールでシステムをアップグレードしたなどと騙し、誘導先のサイトでアカウント情報を入力するよう求める。

今回の攻撃ではHTMLメールを利用しており、本文中に記載されたURLと、実際にリンクされている誘導先のURLがまったく異なっていた。またメールの本文も文末の挨拶が「よろしく」のみであるなど不自然な部分も見られ、海外で作成された可能性もある。

誘導先のフィッシングサイトは、すでに停止していることが確認されているが、KDDIやフィッシング対策協議会では、同様の攻撃が今後発生する可能性もあるとして、誤ってIDやパスワードを入力しないよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ETCのアカウントを停止した」と不安を煽るフィッシング
持出情報同期したクラウドアカウントがフィッシング被害 - 千葉大付属病院
フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
鹿児島銀のネットバンク装うフィッシング攻撃 - 乱数表も詐取
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増
「ビューカード」のフィッシング、正規サイトと同じ2種類のIDに対応