Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットエージェント、Androidアプリのリスクを公開 - 独自エンジンで判定

ネットエージェントは、スマートフォンやタブレット端末で利用されるAndroidアプリのリスク情報を提供するウェブサイト「secroid」を公開した。

同サイトは、Google Playや独自マーケットをはじめ、一般に公開されているAndroidアプリについて、同社が独自に開発した自動判定エンジンを用いて診断し、リスク情報を提供する無料サイト。

アプリの挙動や、取得した情報の送信先、利用目的などから危険性を分析。アプリごとにリスクレベルを5段階で表示する。またリスクを色別で表示し、専門知識がない利用者でも直感的に判断できるよう工夫した。

(Security NEXT - 2012/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
「Firefox」に深刻な脆弱性 - Android版にも影響
「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘
Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応
「Firefox 83」公開、HTTPS限定モードを追加 - 脆弱性21件を修正
学習管理アプリに外部連携の「APIキー」がハードコード - キーの無効化やアップデートを実施
「Mozilla VPN」に脆弱性 - アップデートがリリース
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス