Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットエージェント、Androidアプリのリスクを公開 - 独自エンジンで判定

ネットエージェントは、スマートフォンやタブレット端末で利用されるAndroidアプリのリスク情報を提供するウェブサイト「secroid」を公開した。

同サイトは、Google Playや独自マーケットをはじめ、一般に公開されているAndroidアプリについて、同社が独自に開発した自動判定エンジンを用いて診断し、リスク情報を提供する無料サイト。

アプリの挙動や、取得した情報の送信先、利用目的などから危険性を分析。アプリごとにリスクレベルを5段階で表示する。またリスクを色別で表示し、専門知識がない利用者でも直感的に判断できるよう工夫した。

(Security NEXT - 2012/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
2021年1Qの「JVN iPedia」登録は1701件 - 「XSS」が170件で最多
スマホアプリ「ぐるなび」に脆弱性 - 任意サイトへの誘導に悪用されるおそれ
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
CiscoのWindows向けVPNクライアントに脆弱性 - 更新を
Android版「COCOA」で不具合 - 実機の動作検証で判明
悪意あるファイル5%増、URLは6割減 - カスペ調査
エレコムの旧複数製品に脆弱性 - サポート終了製品の利用中止を
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース