Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先が定期券購入申込書1068件を誤廃棄 - 大阪市交通局

大阪市交通局は、定期券販売業務を委託している大阪メトロサービスにおいて、定期券購入申込書の誤廃棄があったことを明らかにした。

誤廃棄が判明したのは、2012年3月に発行された定期券の購入申込書1068件。購入者の氏名、住所、電話番号、年齢、性別などが記載されていた。

9月24日に太子橋今市駅定期券発売所で保管されているはずの購入申込書が所在不明となっていることが判明。これを受けて大阪メトロサービスが調査したところ、9月18日に申込書をすべて裁断処理していたことがわかったという。

同社は、保存期間の確認を怠ったことが原因としており、事務処理や個人情報の適正な取り扱いの徹底など再発防止に取り組む。

(Security NEXT - 2012/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

就学援助費請求の内訳書や卒業生台帳が所在不明に - 横浜市
厚生省で行政文書の誤廃棄が発生 - 情報流出なく業務への支障もなし
行政書類など誤廃棄や紛失など613万件が判明 - 神戸運輸監理部
顧客情報含む伝票綴りを箱ごと紛失、取り違えて廃棄か - 豊和銀
行政文書を紛失、誤廃棄の可能性も - 公取委
市立幼稚園で園児の指導要録を誤廃棄 - 宇陀市
25~35年前の一部カードローン契約書など、紛失が判明 - 熊本信金
振込依頼書の紛失や誤廃棄が判明 - かながわ信金
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
キャンペーン応募用紙が箱ごと所在不明 - 静岡のスーパー