Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドとソフトバンクテレコム、クラウド型モバイルデバイス管理サービスで協業

トレンドマイクロとソフトバンクテレコムは、法人向けクラウドサービスで協業すると発表した。

両社は従来より、仮想マシンにおける不正プログラム対策や不正ウェブサイト対策、法人向けメールセキュリティ対策で協業してきたが、あらたに「ビジネス・コンシェル デバイスマネジメント」へ協業の範囲を拡大したもの。

同サービスは、モバイルパソコン、スマートフォン、タブレット端末など、マルチデバイスに対応したクラウド型管理ソリューション。今回の協業を通じ、トレンドマイクロは同サービスにて、ウイルス対策やウェブレピュテーションといった技術を提供する。

またソフトバンクテレコムでは、同サービスのクラウドインフラにおいて「Trend Micro Deep Security」を活用。不正プログラムの感染や脆弱性を悪用など防止する。

(Security NEXT - 2012/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
インシデント対応学ぶ演習サービス - クラウドに模擬環境
クラウドのリスク可視化やセキュ対策支援のコンサルサービス
機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
顔認証サービスのパートナープログラムを提供 - パナソニック
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
メール受信サーバでDMARC認証結果レポートを作成できる無償サービス