Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中国発の攻撃が継続中 - 特別な対策は不要だが日ごろからの対策徹底を

日本IBMのTokyo SOCは、尖閣諸島問題に関連すると見られるサイバー攻撃が引き続き発生しているとして注意を促している。

サイバー攻撃は、中国国内のコミュニティを通じて攻撃が呼びかけられ、9月13日前後より発生。9月中旬にピークを越えたが、19日以降も中国を発信元とする攻撃が引き続き発生しており、通常より攻撃件数が多い状況が継続している。

なかには、執拗な攻撃を行う攻撃元IPも存在するが、不特定多数を対象としており、攻撃内容も普段の攻撃と大きな差は見られないと同社は指摘。今回の攻撃に対する特別な対応は必要なく、日ごろから必要とされるセキュリティ対策をしっかり実施するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

関西エアポート関連サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘
三菱電機への不正アクセス、中国子会社での窃取情報を起点に攻撃展開
約5カ月間、海外現地法人や海外支局に不正アクセス - 日経新聞
「Exchange Server」への攻撃、無差別かつ広範囲に - 米政府が全組織へ注意喚起
「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
オリコのクレカ不正申込対策で実証実験
サイバー攻撃の経緯や調査方法などを明らかに - 三菱電機
日本地図センターに不正アクセス - 不正サイト誘導のおそれ