Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生238人の個人情報を5カ月間ネット上に誤って公開 - 愛知教育大

愛知教育大学において、学生の個人情報含むレポート238人分が、インターネット上に誤って公開されていたことがわかった。

誤って公開されていたのは、同大学教員が昨年担当した講義の受講生238人のレポートで、受講生の氏名、学籍番号、専攻名などが含まれていた。

9月21日、学生から自分の名前を検索サイトで検索するとレポートが表示されるとの指摘があり、判明した。同教員が管理するサーバの設定ミスが原因で、4月14日からネット上で閲覧できる状態にあったという。二次被害などは確認されていない。

(Security NEXT - 2012/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

欧米当局、ランサム「Hive」を解体 - 捜査官が攻撃インフラに侵入
住基ネットの個人情報漏洩で職員を懲戒免職 - 杉並区
通信資格講座の「合格者の声」に匿名希望者の氏名
個情委、破産者情報の違法公開サイトを告発
保険会社2社の業務委託先より顧客データ約200万件が流出
159サイトを運用するサーバに不正プログラム、CMSを侵害か - 山形大
「市民の声」投稿者の個人情報をサイトに誤掲載 - 豊中市
公表資料の墨塗り処理に不備、秘匿情報が閲覧可能に - 新潟大
フォーム設定ミスでイベント応募者の個人情報が流出 - 佐賀県
2要素認証の除外アカウントに大量の不正ログイン - 熊本県立大