Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生238人の個人情報を5カ月間ネット上に誤って公開 - 愛知教育大

愛知教育大学において、学生の個人情報含むレポート238人分が、インターネット上に誤って公開されていたことがわかった。

誤って公開されていたのは、同大学教員が昨年担当した講義の受講生238人のレポートで、受講生の氏名、学籍番号、専攻名などが含まれていた。

9月21日、学生から自分の名前を検索サイトで検索するとレポートが表示されるとの指摘があり、判明した。同教員が管理するサーバの設定ミスが原因で、4月14日からネット上で閲覧できる状態にあったという。二次被害などは確認されていない。

(Security NEXT - 2012/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

元従業員の売却HDD内に業務文書、データ複製の連鎖で - ラック
障害福祉関連の個人情報をサイトで誤公開 - 越前市
国民健康保険税還付者の口座情報をサイトに誤掲載 - 日向市
個人情報含む動画をYouTubeにアップロード、操作誤り公開 - 埼玉県
調査対象者や抗議文発信者の情報が漏洩、墨塗り不十分で - 大阪府
イベント応募者の個人情報が閲覧可能に、フォーム設定ミスで - 佐賀県
識別子などユーザー関連情報がGitHub経由で流出 - LINE Pay
経済同友会、複数端末に不正アクセス - サーバのアラート契機に発覚
マスキングせず情報公開請求者の個人情報を漏洩 - 調布市
国民審査の投票録を保管期限前に誤廃棄 - 板橋区