Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米McAfee、最高技術責任者(CTO)にMichael Fey氏を起用

120925ma_01.jpg
Michael Fey氏

米McAfeeは、最高技術責任者(CTO)にMichael Fey氏を起用した。

同氏は、複数のIT企業を経て2007年に同社へ入社。これまでフィールドセールスエンジニアリングおよび先進技術部門を担当してきた。今後は各地域や各部門のCTOチームや、市場開拓チームを管理するCTOオフィスを統括。顧客ニーズへの対応はもちろん、次世代製品の開発に取り組む。

同氏は、「企業や政府、そしてユーザーの安全を確保するため、数年先を見越してイノベーションを起こしていく必要がある」と語っており、これまでの知識を活かして、クラウド基盤である「Global Threat Intelligenceネットワーク」を拡大した「Security Connected Platform」の提供を目指している。

(Security NEXT - 2012/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

インシデント対応体制の構築を支援する演習サービス - マカフィー
脅威情報や対策を提供する「MVISION Insights」 - マカフィー
クラウドの設定ミスを防ぐ診断サービス - ラック
マカフィーの複数製品に脆弱性 - アップデートが公開
100以上の項目で標的型攻撃対策を評価する診断サービス
「7pay不正アクセス事件」は約6割が認知 - 「スミッシング」は3割届かず
マカフィーが「EDR」を国内展開 - 調査支援機能を搭載
新種ランサム118%増、再流行の兆候 - PowerShellマルウェアは5.6倍に
電力事業者向けにセキュリティGL対応支援コンサルサービス
SBT「MSS for CASB」をスタート - ポリシー策定なども支援