Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脅威情報や対策を提供する「MVISION Insights」 - マカフィー

マカフィーは、ワールドワイドで観測された脅威情報や対策などを自組織にあわせて提供する「MVISION Insights」を提供開始した。

同サービスでは、同社がクラウド基盤などで検知、収集、解析した脅威情報、攻撃トレンド、対策情報などを利用者の環境にあわせてダッシュボードより提供する。

話題となっている脅威の拡散状況や、組織内部における検知状況などを調査することも可能で、同業他社と比較し、攻撃可能性なども表示。自社の対策状況を踏まえた脅威の優先順位付けなどにも対応し、対策なども案内する。

「MVISION Protect Plus EDR for Endpoint」など、同社エンドポイント対策製品の一部サブスクリプション契約では、追加料金なしに利用できる。

(Security NEXT - 2020/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正通信診断サービスを1月29日まで無償提供 - ALSI
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立
セキュリティ情報分析基盤「CURE」、自然言語による情報の関連付けにも対応 - NICT
脅威情報の売買プラットフォームで実証実験 - NTTコム
クリック時にクイズで教育するフィッシングトレーニング - 仏Vade