Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インシデント対応体制の構築を支援する演習サービス - マカフィー

マカフィーは、インシデント対応の体制構築を支援する「インシデントレスポンス演習」の提供を開始した。

同サービスは、演習を通じてインシデント対応フローの課題点を可視化し、インシデント対応能力の向上をサポートするもの。

現場担当者向けの演習では、インシデントの発生を想定した技術的なトレーニングを実施。現場責任者や経営層に対しては、インシデント対応における意思決定や対外的な対応に関する演習を通じて、インシデント対応の体制整備を支援する。

演習の結果、インシデント対応のフローで明らかになった課題については、参加者のフィードバックなども踏まえ、対応フローの改善をサポートする。

演習期間は、計画から振り返りまでの全行程で約6週間。価格は400万円から。

(Security NEXT - 2020/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

インシデント体験の研修サービスがテレワークに対応 - ラック
医療情報システムのセキュリティGL準拠を支援サービス
セキュリティ学ぶ医療機関や大学向けボードゲーム教材
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
IoT機器開発者向けにガイドライン - NRIセキュア
TMI P&Sと東京海上日動、サイバーリスク保険分野で提携
JPCERT/CC、ログ解析の訓練コンテンツを公開 - 痕跡発見のコツも
脅威の検知や対応を支援する「Infinity SOC」 - チェック・ポイント
工場向けにインシデント訓練サービス - NRIセキュア
経営陣向けにセキュリティ経営の支援メニュー - ニュートン