Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インシデント対応体制の構築を支援する演習サービス - マカフィー

マカフィーは、インシデント対応の体制構築を支援する「インシデントレスポンス演習」の提供を開始した。

同サービスは、演習を通じてインシデント対応フローの課題点を可視化し、インシデント対応能力の向上をサポートするもの。

現場担当者向けの演習では、インシデントの発生を想定した技術的なトレーニングを実施。現場責任者や経営層に対しては、インシデント対応における意思決定や対外的な対応に関する演習を通じて、インシデント対応の体制整備を支援する。

演習の結果、インシデント対応のフローで明らかになった課題については、参加者のフィードバックなども踏まえ、対応フローの改善をサポートする。

演習期間は、計画から振り返りまでの全行程で約6週間。価格は400万円から。

(Security NEXT - 2020/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
登録セキスペ向け「特定講習」の受講受付を開始 - NICT
重要インフラ向けにリモート訓練サービス - 日立
サイバー防御演習「CYDER」の受講受付を開始 - 新コースも
グローバル拠点のサイバーリスクを評価するサービス - 東京海上日動
顧客判断待たずに初動対応するSOCサービス - ログによるさかのぼり調査も
初動から復旧支援までインシデント対応を支援 - テクマトリックス
システム堅牢化やCTFなど人材育成演習サービスを拡充 - NEC
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII
インシデント対応学ぶ演習サービス - クラウドに模擬環境