Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インシデント対応体制の構築を支援する演習サービス - マカフィー

マカフィーは、インシデント対応の体制構築を支援する「インシデントレスポンス演習」の提供を開始した。

同サービスは、演習を通じてインシデント対応フローの課題点を可視化し、インシデント対応能力の向上をサポートするもの。

現場担当者向けの演習では、インシデントの発生を想定した技術的なトレーニングを実施。現場責任者や経営層に対しては、インシデント対応における意思決定や対外的な対応に関する演習を通じて、インシデント対応の体制整備を支援する。

演習の結果、インシデント対応のフローで明らかになった課題については、参加者のフィードバックなども踏まえ、対応フローの改善をサポートする。

演習期間は、計画から振り返りまでの全行程で約6週間。価格は400万円から。

(Security NEXT - 2020/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバー防御演習「CYDER」の受講申込受付を開始 - NICT
CrowdStrikeとMandiantが戦略的パートナーシップ
IoT機器ごとにカスタマイズして提供する攻撃対策ソリューション
セキュリティ監視やヘルプデスクの運用サービス - SCSKサービスウェア
インシデント初動対応の準備を支援するサービス - BBSec
XDRのマネージドサービスが日本語対応 - ソフォス
ECサイトの無償脆弱性診断を希望する中小企業を募集 - IPA
「Emotet」の感染や個人情報流出調査を無償提供 - SHIFT SECURITY
複数ソースのログを分析、課題と対策をレポートするサービス - 網屋
組織強化トレーニングを提供 - 日立ソリューションズ・クリエイト