Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

McAfee製EDRの不審活動対処機能に脆弱性 - アップデートで修正

マカフィーが提供するEDR製品「McAfee MVISION EDR」に脆弱性が判明した。脆弱性に対処したアップデートをリリースしており、利用者へ更新を呼びかけている。

同製品において、不審な活動を検出した際に特定のコマンドを実行するEDRの機能に、コマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2021-31838」が明らかとなったもの。

同脆弱性を悪用すると、同製品管理者がクライアントにおいて、「PowerShell」により任意のコマンドをシステムユーザーとして実行することが可能だという。

同社では、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを「8.4」、重要度を4段階中2番目に高い「高(High)」とレーティングした。一方、米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」では、ベーススコアを「9.1」、重要度をもっとも高い「クリティカル(Critical)」と評価している。

同社では、脆弱性を修正した「同3.4.0」を6月21日にリリースしており、利用者に対してアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

攻撃プランを自動生成する脆弱性評価用の模擬攻撃ツール - OSSで公開
Google、「Chrome 92.0.4515.131」をリリース - 10件のセキュリティ修正
グループウェア「サイボウズGaroon」に複数の脆弱性
Apple、「macOS Big Sur」「iOS/iPadOS」のゼロデイ脆弱性を修正 - 今月2度目の更新
Arcadyan製ルータソフトに脆弱性 - バッファロー製品にも影響
Geutebrück製産業用ネットワークカメラに深刻な脆弱性
トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正