Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

McAfee製EDRの不審活動対処機能に脆弱性 - アップデートで修正

マカフィーが提供するEDR製品「McAfee MVISION EDR」に脆弱性が判明した。脆弱性に対処したアップデートをリリースしており、利用者へ更新を呼びかけている。

同製品において、不審な活動を検出した際に特定のコマンドを実行するEDRの機能に、コマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2021-31838」が明らかとなったもの。

同脆弱性を悪用すると、同製品管理者がクライアントにおいて、「PowerShell」により任意のコマンドをシステムユーザーとして実行することが可能だという。

同社では、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを「8.4」、重要度を4段階中2番目に高い「高(High)」とレーティングした。一方、米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」では、ベーススコアを「9.1」、重要度をもっとも高い「クリティカル(Critical)」と評価している。

同社では、脆弱性を修正した「同3.4.0」を6月21日にリリースしており、利用者に対してアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware vCenter Server」に2件の脆弱性 - アップデートが公開
QNAP Systemsの「Multimedia Console」に脆弱性
独自の修正含む「Microsoft Edge 96.0.1054.29」がリリース
脆弱性に対処した「PHP 7.4.26」「同7.3.33」が公開
「Drupal」にXSSの脆弱性、アップデートが公開 - 「同8」は最後の更新
米英豪、イランのAPT活動に注意喚起 - 「Fortinet」「Exchange」の脆弱性が標的
「Azure AD」に脆弱性 - 更新適用済みだが、利用者側で修正が必要となる場合も
MS、定例外で「Windows 10 Update Assistant」の脆弱性を修正
Google、「Chrome 96」をリリース - 25件のセキュリティ修正を実施
「EC-CUBE 2」系に複数の脆弱性 - アップデートが公開