Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセス禁止法違反が倍増、ウイルス作成罪の検挙数は26件に

警察庁は、2012年上半期のサイバー犯罪の検挙状況について公表した。ネットワーク利用犯罪が過去最高を記録したほか、不正アクセス禁止法違反も急増した。

レポートによれば、2012年上半期のサイバー犯罪検挙件数は3268件で、前年同期より755件増加した。そのうちネットワーク利用犯罪は2930件。前年同期比569件増となり、半期統計では過去最高を記録した。

ネットワーク利用犯罪で多いのが児童ポルノ法違反の530件で、前年同期の353件から177件増加。またわいせつ物頒布も172件増加の406件となった。一方、オークション詐欺や出会い系サイト規制法違反は減少した。

不正アクセス禁止法違反の検挙数は243件で、前年同期の99件から144件増加し、約2.5倍へと膨らんだ。コンピュータ・電磁的記録対象犯罪及び不正指令電磁的記録に関する罪では95件を検挙。前年同期から42件増加している。そのうちウイルスの作成や補完、提供行為を対象としたいわゆるウイルス作成罪での検挙数は26件だった。

相談件数を見ると、不正アクセスに関しては前年同期から38件増となる2117件。ウイルスに関する相談は、129件増と大幅に拡大し、285件だった。迷惑メールに関する相談も909件増の6569件へと増加している。

(Security NEXT - 2012/09/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
データ保護の責任所在 - 日本とアジア地域にギャップ
2019年下半期の捜査機関開示要請は1684件、78%に対応 - LINE
4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度
不正アクセス禁止法違反による年間検挙は816件 - 前年比1.4倍
2019年の不正アクセス届出は89件 - 56件で被害
8年間に上場企業の約1割が個人情報関連事故を公表
流出個人情報、9割超が不正アクセスなどに起因
「7pay不正アクセス事件」は約6割が認知 - 「スミッシング」は3割届かず