Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シマンテック、ノートン最新版を発表 - 「ノートン360」にマルチデバイス版も

シマンテックは、コンシューマー向けセキュリティ対策ソフト「ノートン」シリーズの最新版を発表した。新製品として「ノートン360マルチデバイス」を投入した。

ラインナップにスイート製品である「ノートン360」をはじめ、「ノートンインターネットセキュリティ」「ノートンアンチウイルス」を用意したコンシューマー向けセキュリティ対策ソフト。

最新版では「Windows 8」に対応したほか、新機能としてインテリジェントファイアウォールを搭載。ファイルやURL、ドメインにくわえ、IPアドレスの評価にも対応している。

「ウェブインサイト」により、コミュニティより評価を得ていないサイトを通知。ソーシャルネットワークの保護機能を強化しており、日本発の機能として「Facebook」だけでなく「mixi」上に投稿されたリンクの安全性評価も可能となっている。

また起動やシャットダウン時の所要時間短縮やバッテリーの最適化機能を提供。インタフェースを簡単に利用できるよう改良した。またアップデート適用時に再起動が必要ないリブートレスを採用している。

さらに新ラインナップとなる「ノートン360マルチデバイス」では、WindowsやMac OS X、Androidのマルチプラットフォームに対応。クラウドベースのコンソールから管理できる。

同社オンラインストア価格は、3台のデバイスを1年間保護できる「ノートン360マルチデバイス」が8980円。「ノートン360」が8480円。「ノートンインターネットセキュリティ」が6480円。

(Security NEXT - 2012/09/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
コンシューマー向けパスワード管理製品を発売 - カスペ
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
B2C事業者向けIDアクセス管理ソリューションに新版 - GDPRに対応
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
個人向けバックアップソフトに新版 - クラウドへの自動コピーに対応
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
BBSS、iPhone向けに詐欺SMS対策アプリ - 外部サーバで解析
Sophos、コンシューマー向けソフトに新版 - 検知エンジンを拡充