Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

金融機関向けのAWS利用セキュリティリファレンスが公開

野村総合研究所(NRI)、SCSK、電通国際情報サービス(ISID)の3社は、「金融機関向けAmazon Web Services対応セキュリティリファレンス」を共同で作成し、サマリー版を無償で公開している。

同資料は金融情報システムセンター(FISC)が、金融機関などにおける自主基準として策定した「金融機関等コンピュータシステムの安全対策基準・解説書 第8版」に対応したセキュリティリファレンス。

厳しい条件におかれる金融機関においてクラウド活用を促進することを目的に作成。どのように適合したアプリケーションを開発し運用するかについて、AWSのソリューションプロバイダである3社が調査し、取りまとめた。

詳細版の提供については、アマゾンデータサービスジャパンとの秘密保持契約が必要で、各社問い合わせ窓口で対応する。

(Security NEXT - 2012/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
脅威情報や対策を提供する「MVISION Insights」 - マカフィー
MS 365の保護ソリューション、カレンダーにも対応 - エフセキュア
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
SISとAeye、サイトの脆弱性診断サービスの提携拡大
脅威の検知や対応を支援する「Infinity SOC」 - チェック・ポイント
マルチクラウドとセキュリティ対策の管理プラットフォーム - TIS
ログ監視やデバイス制御のクラウドサービス
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP