Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、国内ユーザーを狙う情報詐取アプリに注意喚起 - セキュリティ対策アプリで検知できないことも

情報処理推進機構(IPA)は、8月に端末内のアドレス帳データを窃取するAndroidアプリをインストールさせようとする攻撃が多数観測されたとして、注意を呼びかけた。

スパムメールやSNSの書き込みにより不正アプリへ誘導する手口で、アプリは利用者の趣味やスマホの利便性向上など興味を持つ内容を装っている。いずれも日本語で作成されており、日本人をターゲットとした攻撃であることは明らかで、セキュリティ対策ソフトで検知できないケースもあった。

同機構では、被害に遭わないようAndroid向け公式マーケット「Google play」などを活用するよう推奨。アプリをインストールする前に、アクセス許可を求める内容を確認し、本来の機能とは関係ない許可を求めるなど不審な動きが見られる場合は、インストールの中止を検討するよう求めている。

また、セキュリティ対策アプリを導入し、最新の状態に保つことでマルウェアの侵入を未然に防ぐなどリスクを低減できるとして活用を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Firefox 83」公開、HTTPS限定モードを追加 - 脆弱性21件を修正
学習管理アプリに外部連携の「APIキー」がハードコード - キーの無効化やアップデートを実施
「Mozilla VPN」に脆弱性 - アップデートがリリース
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
ゲーム「原神」に監視プログラム、アンインストール後も動作 - チート対策と釈明、修正へ
オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化