Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IIJのクラウドサービスでチェック・ポイントのゲートウェイが利用可能に

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、同社セキュリティゲートウェイが、インターネットイニシアティブ(IIJ)のクラウドサービスで利用可能になったと発表した。

「IIJ GIOコンポーネントサービス 仮想化プラットフォーム VWシリーズ」が、仮想化環境向け製品「Check Point Security Getaway Virtual Edition」へ対応したもの。

ネットワークトポロジを変更することなくプラグアンドプレイで導入可能。ファイアウォールやIPS、アプリケーション制御、URLフィルタリング、DLPといった30種類以上の機能を必要に応じて導入できる。

(Security NEXT - 2012/09/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
組織が利用するIPアドレスを可視化するサービス - ラック
パブリッククラウドのセキュ診断サービス - イエラエ
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
ラック、「ゼロトラスト時代のSOC構築と運用ガイドライン」を公開
センサーと脅威情報を活用したリスク可視化プラットフォーム
クラウドの設定ミスをチェックするサービス - エルテス
ウェブサーバのファイル改ざんを検知復旧するソリューション
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ