Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

標的型攻撃で利用されたバックドアの4割は「Poison Ivy」で作成

2012年上半期に国内で発生した標的型攻撃で利用されているバックドアの約4割が、無償公開されているリモートアクセス管理ツール「Poison Ivy」で作成されたものであることがわかった。

トレンドマイクロが標的型攻撃に使用されたバックドアを調べたもので、サイバー攻撃などにも用いられる「Poison Ivy」で作成された「BKDR_POISON」と「BKDR_DARKMOON」であわせて38%を占めることがわかったという。

これらバックドアへ感染すると、外部からマウスやキーボード、ファイルやプロセスの操作などをはじめ、リモートシェルの実行、スクリーンキャプチャの取得など行われ、情報漏洩など被害を受ける可能性がある。

さらにトレンドマイクロでは、同時期に採取した「Poison Ivy」のサンプル群から50個を任意に抽出し、調査したところ、約半数に一連の攻撃へ関連性が認められ、複数のC&Cサーバが稼働する攻撃インフラの存在を確認。2009年ごろから活動していると分析している。

「Poison Ivy」は、サイバー攻撃に用いられるリモートアクセスツール。「同2.3.2」では、任意のコードが実行される脆弱性が判明しており、安易に利用しないようNTTデータ先端技術などセキュリティベンダーが注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
「Lazarus」が新コロ研究情報を物色 - 政府や製薬企業に攻撃
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
ランサム感染で顧客プログラム資産が流失した可能性 - システム開発会社
正規署名で検知回避する「SigLoader」 - VPN経由の標的型攻撃で悪用
標的型攻撃のレスキュー支援、2020年上半期は45件
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
都が中小企業セキュ対策であらたな支援事業 - 試験的に機器設置、インシデント対応もサポート