Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

金融庁、システム障害で東証に業務改善命令 - 外部専門家の検証求める

金融庁は、8月7日にデリバティブ取引でシステム障害が発生した東京証券取引所に対し、外部専門家による検証や対策などを求める行政処分を行った。

問題となった障害は、デリバティブ売買システムのネットワーク機器に発生したハードウェアの不具合に起因して発生。8月7日9時18分から10時55分にかけて全派生商品が取引できない状況に陥った。

同庁は、直接的な原因がハードウェアの障害や製品の不具合であるとしつつも、東証では2012年2月にもシステム障害が発生しており、システムの点検など対策を実施していたが、その際の対応が不十分で再び障害が発生したとして、金融商品取引法に基づいて業務改善命令を行った。

同庁では、外部専門家による対策の実効性について検証を受けたうえで、速やかに対策を実行することや、定期的に状況を報告するよう求めている。

(Security NEXT - 2012/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
Android向けショッピングアプリ「ヨドバシ」に脆弱性
官報公表破産者情報の掲載サイトに停止命令 - 個情委
委託業務の電話勧誘で録音改ざん、管理者指示で - りらいあ
行政書類など誤廃棄や紛失など613万件が判明 - 神戸運輸監理部
個人情報保護法改正案が閣議決定 - 不適正利用を禁止
マルウェア「LODEINFO」を検知 - JPCERT/CCが解析情報を公開
「Spectre」に新亜種、「SWAPGS攻撃」受けるおそれ - MSは7月に対処済み
BPJの被害は約32.7億円、秘密鍵奪われ - 退避試みるも9割超流出
「CSVファイル」用いた標的型攻撃、4月以降も - 複数攻撃手法を併用