Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DIT、特権ID管理ソリューションの最新版を提供 - SNSやクラウドのアカウント管理に対応

ディアイティは、米Cyber-Arkが開発した特権ID管理ソリューションの最新版「Cyber-Ark PIM Enterprise Suite v7.1」を、9月1日より販売開始する。

同製品は、管理対象のサーバや機器、アプリケーションなどに分散している特権IDとその利用者、管理対象デバイスについて一元管理を実現するソリューション。最新版では、SNSやクラウドサービスなどウェブサービスにおける管理アカウントの管理に対応した。

また、特権ID利用者の操作内容を動画で記録する機能を追加。不正操作や不正な情報取得などインシデント発生時の証跡調査が可能となっている。

価格は、269万8500円から。なお2012年12月末日まで、キャンページパッケージを102万9000円で提供する。

(Security NEXT - 2012/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
「CentOS 8」利用者向けに独自のサポートサービス - サイバートラスト
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
セキュリティ情報分析基盤「CURE」、自然言語による情報の関連付けにも対応 - NICT
イー・ガーディアン、JP-Secureを完全子会社化
大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化