Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DIT、特権ID管理ソリューションの最新版を提供 - SNSやクラウドのアカウント管理に対応

ディアイティは、米Cyber-Arkが開発した特権ID管理ソリューションの最新版「Cyber-Ark PIM Enterprise Suite v7.1」を、9月1日より販売開始する。

同製品は、管理対象のサーバや機器、アプリケーションなどに分散している特権IDとその利用者、管理対象デバイスについて一元管理を実現するソリューション。最新版では、SNSやクラウドサービスなどウェブサービスにおける管理アカウントの管理に対応した。

また、特権ID利用者の操作内容を動画で記録する機能を追加。不正操作や不正な情報取得などインシデント発生時の証跡調査が可能となっている。

価格は、269万8500円から。なお2012年12月末日まで、キャンページパッケージを102万9000円で提供する。

(Security NEXT - 2012/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

企業向けに「セキュアID SIM」を提供 - 日本通信
米CISA、レッドチーム演習の可視化ツールを公開 - 意思決定など支援
インシデント関連データの可視化ツールをGitHubで公開 - WithSecure
ダークウェブを対象とした組織機密情報の流出調査サービス
「WarpDrive」が再始動 - 「タチコマSA」がChrome拡張機能に
20以上の言語に対応、脅威情報の調査報告サービス
特権ID管理製品に新版、不審接続確認できるダッシュボード機能
IoT機器ごとにカスタマイズして提供する攻撃対策ソリューション
不正端末利用を防ぐ「eSIM」を開発 - NTTコムとトレンド
顔情報を暗号化したまま認証する「秘匿生体認証技術」 - NEC