Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイル感染型ウイルス「QUERVAR」が欧州で拡大 - トレンドが報告

トレンドマイクロによれば、8月上旬に入り欧州圏でファイルへ感染するウイルス「QUERVAR」の被害が拡大しており、メディアなどの注目を集めているという。

今回確認されたのは、実行ファイルのほか、WordやExcelのファイルに感染するウイルス「PE_QUERVAR.B-O」。端末内で開封されると、感染対象となるファイルを自動的に検索して感染を拡大。感染したファイルは「PE_QUERVAR.B」として感染活動を展開する。ネットワークドライブやリムーバブルメディアへ感染が拡大するおそれがある。

感染後にファイルの拡張子を「SCR」へ変更するのが特徴だが、アイコンを変更しないため、拡張子を非表示にしているユーザーなどは変化に気が付かず、誤って開いてしまう危険が高いと同社は指摘している。

またファイル名を変更するだけでなく感染によりファイルを暗号化するため、感染すると削除や復元が困難な状態に陥るという。

同社では、セキュリティ対策製品でこれらマルウェアを検出するよう対応。定義ファイルで使用可能なファイルへ復元できるようアップデートを実施した。

(Security NEXT - 2012/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
大学生応援飲食券のアンケートメールで誤送信 - 美浜町
4月に「Interop Tokyo 2021」、会場開催も - テーマは「DX」
愛知県、コロナ患者情報誤公開で懲戒処分 - 作成から公開まで1人で担当
共用オフィスのセキュリティ要件ガイドで新版 - SIOTP協議会
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
コロナ患者の個人情報が風に飛ばされ紛失 - 神奈川県
個人情報含むメールを誤って別の事業者に送信 - 東京都