Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイル感染型ウイルス「QUERVAR」が欧州で拡大 - トレンドが報告

トレンドマイクロによれば、8月上旬に入り欧州圏でファイルへ感染するウイルス「QUERVAR」の被害が拡大しており、メディアなどの注目を集めているという。

今回確認されたのは、実行ファイルのほか、WordやExcelのファイルに感染するウイルス「PE_QUERVAR.B-O」。端末内で開封されると、感染対象となるファイルを自動的に検索して感染を拡大。感染したファイルは「PE_QUERVAR.B」として感染活動を展開する。ネットワークドライブやリムーバブルメディアへ感染が拡大するおそれがある。

感染後にファイルの拡張子を「SCR」へ変更するのが特徴だが、アイコンを変更しないため、拡張子を非表示にしているユーザーなどは変化に気が付かず、誤って開いてしまう危険が高いと同社は指摘している。

またファイル名を変更するだけでなく感染によりファイルを暗号化するため、感染すると削除や復元が困難な状態に陥るという。

同社では、セキュリティ対策製品でこれらマルウェアを検出するよう対応。定義ファイルで使用可能なファイルへ復元できるようアップデートを実施した。

(Security NEXT - 2012/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コロナ発生届を誤送信、FAX番号登録ミスで - 菊川市立総合病院
大阪市保健所でメール誤送信 - 医師のメアド流出
コロナ陽性者向けメールで誤送信、作業ミスで宛先にズレ - 東京都
自治体におけるマイナンバー取扱状況を公表 - 個情委
保育所配信システムで個人情報含む文書を誤送信 - 那珂市
Pマーク事業者の事故報告は3048件 - 前年度比約15%増
「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施
新型コロナ配食サービスで伝票重ね貼り、別人の個人情報 - 岡崎市
保健所で新型コロナ発生届のFAXを誤送信 - 静岡県
日本赤十字社のフィッシングに注意 - 実在する寄付サイトを偽装