Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医師のなりすましが発生、警備員から医師の情報を取得 - 弘前大付属病院

弘前大学医学部付属病院において、同院医師を名乗る電話があり、警備員が誤って医師95人の氏名を伝えていたことがわかった。

同院によれば、7月23日17時40分ごろ、同院の実在する医師を名乗る男性から警備員室に電話があったもの。

名簿を紛失したとして同院医師の名前を求められ、内情をよく知る様子だったことから、警備員が同院の医員95人の氏名を伝えたが、巡回から戻った別の警備員が不審に思い、同医師に確認したところ、電話したのは医師ではなかったことが判明した。

氏名を明かした95人のうち66人については、同院のホームページで氏名が公開されていたという。同院では対象となる医員に謝罪した上で、全職員に対し注意喚起を行った。二次被害などは確認されていない。

(Security NEXT - 2012/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

日本医師会で「Emotet」感染 - 「なりすましメール」出回る
なりすまし医師に患者の電話番号を漏洩 - 札幌医科大
なりすまし医師から電話、患者の携帯番号伝える - 福島県立医科大病院
患者情報含むUSBメモリを医局で紛失 - 南奈良総合医療センター
患者情報の誤送信で医師を懲戒処分 - 横浜市立大病院
がん患者情報を誤送信、煩雑さ避けるため個人情報記載 - 横浜市立大病院
患者の個人情報含むファイルを誤送信 - 富山大病院
海外出張先で患者情報含むPC盗難 - 徳島大病院
患者情報含むUSBメモリ紛失、拾得 - 島根大付属病院
患者リストを自転車カゴに置き忘れ紛失 - 大阪市立大病院