Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「飲食店.COM」に不正アクセス、会員のアカウント情報4万2000件流出か

飲食店向けの物件情報提供サイト「飲食店.COM」が不正アクセスを受け、会員のメールアドレスやパスワードが外部へ流出した可能性のあることがわかった。

サイトを運営するシンクロ・フードによれば、7月17日9時50分ごろに不正アクセスを受けたもので、2010年6月24日以前に同サイトへ登録した会員のメールアドレスやログインパスワードなど4万2875件が外部に漏洩した可能性があるという。

同社では不正アクセスの発覚後、警察へ被害届を提出。情報処理推進機構と経済産業省に事態を報告した。

また不正アクセス対策を実施した上でサービスを再開し、対象となる会員に対してパスワードの変更を案内。同社が運営する一部サイトについて、管理体制の確保を理由にサービスを停止したという。

(Security NEXT - 2012/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ペット用品通販サイトに不正アクセス - 閉鎖直後に被害が判明
オーガニック食品の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
サーバにSQLi攻撃、会員メアドが流出か - イシバシ楽器
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 警察実務書扱う出版社
衣料通販サイトに不正アクセス、クレカ情報流出の可能性 - ネクスG子会社
出版目録のサイトに不正アクセス、メアドが流出 - 全社協
美容グッズ通販サイトで顧客情報流出のおそれ - 店舗利用者にも影響
寿司のテイクアウト予約サイト、クレカ情報流出の可能性 - ECシステムに不正アクセス
ジュエリー通販サイトからクレカ情報流出 - 不正利用された可能性
個人情報流出の可能性示す痕跡を発見、最大対象件数を算出 - リニカル