Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

従業員利用スマホの4.3%が紛失や盗難被害に - 回収率はわずか7%

企業が支給したり、BYODにより業務で利用されるスマートフォン端末において、「紛失」や「盗難」に遭う確率が約4.3%にのぼることが、マカフィーとPonemon Instituteの調査により判明した。

両社が、スマートフォンの紛失実態について米国の439社を対象に調査を実施したもの。企業が支給したスマートフォン203万9831台とBYOD端末125万7738台のあわせて329万7569台に対し、1年間に紛失や盗難に遭った端末は4.3%にあたる14万2706台。1社あたり平均324台が被害に遭っていた。

14万2706台の内訳を見ると、11万1345台と大半は紛失によるもの。盗難は5034台でのこり2万6003台についても盗まれたものと見られている。インシデント発生後に回収された端末は9298台でわずか7%にすぎなかった。

被害が発生した場所を見ると、47%は自宅やホテルの部屋で。「移動中」が29%で続き、「職場」とするユーザーも13%にのぼる。また残り11%のユーザーは紛失場所の心当たりがなかった。

紛失したスマートフォンへ機密情報が保存されているという認識を60%が持つ一方、57%はセキュリティ機能を使用していないなど、セキュリティ対策への意識の低さも目立ったという。

(Security NEXT - 2012/07/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年4Qの脆弱性届出、ソフトとウェブともに減少
スマホ利用者2割がセキュリティに不安 - MMD調査
テレワーク実施、2021年は2020年に比べて微減 - MMD研究所調べ
高速処理が可能な暗号アルゴリズムを開発 - KDDI総研と兵庫県立大
Androidアプリセキュアコーディングガイドの新版公開 - JSSEC
「JAPANSecuritySummit 2021」をオンライン開催
最新Androidのプライバシー機能など解説 - JSSECオンラインセミナー
偽ECサイトの通報件数が増加 - マッチングアプリやSNSで異性から勧められたケースも
公共空間における安全なワイアレス通信でガイダンス - 米NSA
2021年2Qの脆弱性届出は307件 - ソフトウェアとサイトともに増加