Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米Trend Micro、偽Skypeアプリを確認 - 人気アプリに便乗する不正アプリ

米Trend Microは、Android端末を狙った「偽Skype」アプリを確認したとして注意を呼びかけた。

人気IP電話アプリ「Skype」に便乗したマルウェアで、誤ってインストールすると、ユーザの許可なく料金が発生する特定の番号に「SMS」を送信するようプログラムされていたという。

同社が調査を行ったところ、アプリが公開されていた問題のサイトでは複数のバージョンが公開されており、Androidアプリにくわえ、SymbianやMIDletが実行できるAndroid端末で動作する「JARファイル」もインストーラを装って配布されていたという。

同社では、これまでも「Instagram」「Angry Birds Space」「Farm Frenzy」など人気アプリに便乗した偽アプリが発生していると指摘。セキュリティ対策ソフトの導入やセキュリティ機能の活用、Google Playや信頼できるAndroidマーケットからの入手など、利用者へ注意を払うよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
個人向けESET製品でモニターキャンペーン
カスペ、小規模オフィス向け製品に新版 - ファイルサーバの対策機能など強化
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
「NOD32」発売から15周年、記念パッケージをリリース
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも