Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマホ利用者の2.8%がウイルス感染経験あり - ウイルス対策実施は43.3%

スマートフォンにおいて、43.3%のユーザーがウイルス対策を実施していることがわかった。無料アプリを活用するユーザーは35.2%で、有料アプリ利用者を大きく上回った。

MMD研究所が、6月中旬に20代から50代までのスマートフォン利用者を対象に、オンラインでセキュリティ対策に関する意識調査を実施したもの。有効回答数は857。

スマートフォンにおいてウイルス対策の実施状況について尋ねたところ、43.3%が「対策をしている」と回答。9.5%が対応予定としており、35.4%は対策を講じていなかった。OSごとに見ると対策済みは「Android」が62.7%、「iOS」が12.0%だった。

対策の具体的な内容を見ると、「携帯電話会社が提供するセキュリティ対策に登録している」との回答が50.5%で最多。35.2%が「無料のセキュリティアプリ」を活用していた。有料アプリにより対策を実施しているユーザーは19%と2割に届いていない。

ウイルスの感染経験では、ウイルスへ感染したことがないとする回答が84%と多くを占めたが、2.8%が感染を経験。13.2%についても「わからない」と答えている。

(Security NEXT - 2012/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小売業における端末の盗難対策、3割強 - コストや人材が不足
保護者の約1割が子どものネット履歴を確認 - 国内外でギャップも
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
2022年1Qの脆弱性届け出は176件 - ソフトとウェブともに増加
Z世代の7割、スマホアプリでの個人情報登録に抵抗感
中小企業の3分の1、直近3年間のセキュ投資ゼロ - 「必要性を感じない」
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知
約8割がスマホアプリ開発時などにセキュ対策 - 「自信ない」との声も
2021年の悪質ECサイト報告数、前年の約1.7倍に
IPA、「情報セキュリティ10大脅威 2022」を発表 - 「ゼロデイ攻撃」が新規ランクイン