Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

法人におけるiOSの普及を目指す「iOSコンソーシアム」が誕生

法人における「iPhone」や「iPad」の普及促進を目的とした「iOSコンソーシアム」が発足した。一般会員企業を募集している。

同団体は、Appleが開発する「iOS」を搭載したスマートデバイスの普及促進を目指した組織。海外で利用が進む一方、国内ではアプリケーション利用の制約や、システム運用管理の問題を理由に導入が進んでいないとして、市場ニーズの活性化やあらたなソリューションの創造、ユーザーとベンダーを結ぶ環境を整備するとして、15社が発起人となり設立した。

パートナーエコシステムの構築や会員のビジネス展開支援のほか、グローバルマーケットへの参入、市場ニーズをもととしたAppleへの提言、要求なども目的に挙げている。

具体的な活動としては、「iOS」に関する情報提供や、営業や技術者に向けたセミナーを実施。専門部会や委員会活動なども展開する。21日より一般会員企業の募集を開始しており、7月25日に設立総会を開催する予定。

(Security NEXT - 2012/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「CODE BLUE 2022」の全24セッションが決定
米政府、行政機関にゼロデイ脆弱性2件への対応促す
「macOS Monterey 12.6」「Big Sur 11.7」が公開、ゼロデイ脆弱性に対処
Apple、「iOS 16」でゼロデイ脆弱性を修正 - 「iOS 15.7」などもあわせて公開
米政府の悪用済み脆弱性リスト、あらたに12件を追加
Apple、「iOS 12.5.6」を公開 - 悪用済み脆弱性を解消
米CISA、悪用済み脆弱性リストに10件追加 - 早急に対処を
Apple、macOSやiOSのアップデートを公開 - ゼロデイ脆弱性2件を修正
Apple、ゼロデイ脆弱性を解消した「Safari 15.6.1」を公開
「FortiOS」「FortiADC」など複数のFortinet製品に脆弱性