Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

システム設定ミスでキャンペーンの応募者情報を取得できず - JA全中

全国農業協同組合中央会は、同会が以前実施したキャンペーンにおいて、システム設定のミスにより、インターネット経由で申し込んだ応募者の情報が記録されていなかったことを明らかにした。

不具合が発生したのは、2月29日から3月30日まで実施した「がんばろう!日本の畜産・酪農」応援キャンペーン。システム設定を誤り、書き込みを制限していたことから、応募者の情報が保存されていなかった。今回の設定ミスによる情報漏洩などは発生していないとしている。

同会では今回の事故を受けて謝罪。同キャンペーンは、ハガキやファックスでも展開しているが、インターネット経由の応募期間を、再度6月1日から30日まで設ける。また当選総数を2倍にした上で抽選を実施する予定。

(Security NEXT - 2012/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

約29万人に振込不能メールを誤送信、アクセスが集中 - 北國銀
イベント当選者のメアド流出、一斉送信機能に不具合 - アニメイトカフェ
楽モバの通信障害、ソフトに不具合 - 緊急対応判断に時間要し長期化
全日本スキー連盟の会員管理システムに不具合 - 検索機能に不備
LINEのURLプレビュー機能に不具合 - 限定公開URLが漏洩したおそれも
匿名加工用の医療データDBに本人通知なく取得したデータ - プログラムミスで
NTTドコモ、「+メッセージ」で一時障害 - 現在は復旧
「スタディサプリ」に不具合 - 他利用者としてアクセス可能に
印字プログラム不具合で書類に別会員の口座情報 - 歯科コンサル会社
会員サービスで個人情報を誤表示、原因はアップデートによるエラー - H&M