Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

システム設定ミスでキャンペーンの応募者情報を取得できず - JA全中

全国農業協同組合中央会は、同会が以前実施したキャンペーンにおいて、システム設定のミスにより、インターネット経由で申し込んだ応募者の情報が記録されていなかったことを明らかにした。

不具合が発生したのは、2月29日から3月30日まで実施した「がんばろう!日本の畜産・酪農」応援キャンペーン。システム設定を誤り、書き込みを制限していたことから、応募者の情報が保存されていなかった。今回の設定ミスによる情報漏洩などは発生していないとしている。

同会では今回の事故を受けて謝罪。同キャンペーンは、ハガキやファックスでも展開しているが、インターネット経由の応募期間を、再度6月1日から30日まで設ける。また当選総数を2倍にした上で抽選を実施する予定。

(Security NEXT - 2012/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アクセス集中で不具合、会員情報が流出 - サッポロビール
大会申込フォームに不具合、個人情報が閲覧可能に - 日本学生相談学会
名刺交換機能に不具合、名刺情報が流出 - 東京ビッグサイト
電子お薬手帳サービス「おくすり手帳Link」で一時障害
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
エポック社の通販ショップで個人情報が流出 - メールプログラムに不具合
UQ mobileで信用情報登録ミス、最大1万2176人の与信判断に影響した可能性
「雇用調整助成金」のオンライン受付システムが再開
写真クラウドのデータ消失、原因はプログラムミス - キヤノン
中古重機の販売サイトで不具合 - 他顧客情報を誤表示