Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

拾得者からの連絡で顧客情報流出が判明、流出経路は特定できず - 山陰合同銀

山陰合同銀行は、3支店の一部顧客情報を記載した内部資料が、外部に流出していたことを明らかにした。拾得者からの連絡で判明したが、流出経路の特定はできていないという。

流出したのは、浜村支店、鹿野出張所、宝木代理店の3支店で2009年9月30日時点における顧客情報124件。同行のPC内のデータを印刷した資料3枚で、顧客の氏名、住所、電話番号のほか、決算月、融資残高、期日、格付記号などが記載されている。

5月8日に第三者から、鳥取市内で4月18日に拾得したとの連絡が入り、調査したところ同行から流出したものであることが判明した。流出の経緯などは特定できていない。

拾得者は、書類の原本を破棄したと同行に話しており、コピーを返却したという。同行では対象となる顧客へ個別に連絡し、説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2012/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SMBC信託銀のクラウド設定ミス、暗号化暗証番号が平文で閲覧も
フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA
SMBCグループ2社、クラウド設定不備で顧客情報に外部アクセス - バグで対象者特定できず
クラウド設定不備で個人情報に外部アクセス - イオン銀
北國銀行子会社運営の通販モールに不正アクセス
従業員が顧客情報を悪用、カードローンに申込 - DeNA
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
4郵便局で顧客情報含む書類の紛失が判明 - 日本郵便
無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀