Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、エージェントレスで仮想マシンをウイルスから保護 - リソースや負担軽減を実現

マカフィーは、ウイルス対策ソリューション「McAfee MOVE Anti-Virus」のエージェントレスオプションを5月25日より提供開始する。

「McAfee Management for Optimized Virtual Environments(MOVE)」は、仮想化環境に特化したセキュリティプラットフォーム。同製品では仮想デスクトップやサーバにおける効率的なウイルス対策を実現する。

今回提供するエージェントレスオプションにより、仮想化環境においてゲストOSにエージェントをインストールすることなく、ウイルス対策を実施することが可能。同社のクラウドを利用したグローバル脅威情報サービス「McAfee Global Threat Intelligence」と連携によりマルウェアから保護できる。

また仮想化マシンごとにエージェントを導入する必要がないため、リソースを節約できるほか、セットアップの負担を軽減。さらに「McAfee ePolicy Orchestrator」に対応しており、一元管理やレポートの作成に対応している。

(Security NEXT - 2012/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

インシデント体験の研修サービスがテレワークに対応 - ラック
仮想環境向けセキュリティ対策製品を機能強化 - カスペ
マルチクラウド対応の集中管理製品「FireEye Cloudvisory」
DDoS対策専用の仮想アプライアンスを提供 - A10
テレワーク需要に「F5 APM」入りHCIを展開 - TED
ブラウザ分離技術のLight Point Securityを買収 - McAfee
人材育成と研究で「サイバーセキュリティセンター」開設 - 日立グループ
ウェブ閲覧環境分離するアイソレーションサービスを開始 - インテック
企業向けクラウドバックアップサービス2種を開始 - Arcserve Japan
ALSI、情報漏洩対策製品に新版 - 不審操作の通知機能