Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PASMOの履歴照会サービスは終了へ - セキュリティ上の懸念を払拭できず

ICカード乗車券「PASMO」のサービスを展開するPASMO協議会およびパスモは、3月より一時停止していた利用履歴照会サービスに関し、安全性の確保が難しいとして終了することを明らかにした。

今回終了となるのは、「記名PASMO」および「PASMO定期券」向けに提供している「マイページ・PASMO履歴照会サービス」。3カ月前までの残額履歴をウェブサイト上で確認できる。

同サービスでは、認証にカード裏面の「PASMOカード番号」とカード購入時に登録した「氏名」「生年月日」「電話番号」を利用。いずれも本人以外が知りうる可能性もあり、第三者によって履歴を閲覧されるおそれがあるとの一部批判を受け、両社は3月1日よりサービスを一時停止して調査を行っていた。

両社は、昨今のSNSの普及などにより、登録情報やカード番号を第三者が知り得る社会環境になっているとし、現状の本人確認方法では、リスクを完全に排除することは難しいと判断。サービスの終了を決定した。

残額履歴については、駅やバス営業所などで直近20件が印字できるサービスを引き続き提供する。また履歴郵送サービスについては、6月30日消印分で終了する。

(Security NEXT - 2012/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

従業員が顧客情報を悪用、カードローンに申込 - DeNA
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
「UCカード」利用者狙うフィッシング - 利用状況確認とだます手口
三越伊勢丹グループの「エムアイカード」装うフィッシングに注意
不正送金被害が大幅減 - 被害額は前四半期の半数以下に
2020年2Q、不正送金被害額が約1.7倍に拡大
三菱UFJ銀のネットバンク装うフィッシングに注意
PWリスト攻撃が約10万回、約1500件が実在し半数超でログイン許す - ヌーラボ
「セディナビ」装うフィッシングに注意 - 「利用確認」を偽装
「三井住友カード」装うフィッシング攻撃の報告が増加中