Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Trend Microが偽の「Chromeインストーラ」を確認 - 著名サイトURLを悪用する謎の手口

米Trend Microは、4月下旬以降にGoogleのブラウザである「Chrome」のインストーラを装った不正プログラムが流通していることを明らかにした。配布する際、「facebook」「Google」など著名サイトのURLを悪用する何らかの手法を用いており、調査を行っている。

同社が、セキュリティ基盤「Trend Micro Smart Protection Network」で処理したデータを調査したところ、一見ブラウザのインストーラに見せかけた不正ファイル「ChromeSetup.exe」を確認したもの。

同マルウェアは、感染端末の情報を収集し、外部へ送信する「BANKERファミリー」の亜種で、ブラジル国内のユーザーや銀行を狙った攻撃と見られている。

さらに端末内のデータ収集にくわえ、銀行が利用者へ提供するセキュリティ対策ソフトをアンインストールさせ、偽サイトへ誘導するための設定ファイルをダウンロードする機能も備えている。現在も開発が進められており、今後さらなる亜種が登場する可能性があると同社は指摘している。

さらに注目すべきポイントとして、今回の感染活動では、マルウェア配布時に「www.facebook.com」「google.com.br」「br.msn.com」など、正規サイトのドメインを悪用しつつも、正規のIPではなく、マルウェアに感染するIPに誘導していたという。具体的にどのような手法を用いたかは判明しておらず、同社では引き続き調査を進めていくとしている。

(Security NEXT - 2012/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
北朝鮮グループ「Lazarus」が悪用する10種類のツール
フィッシング報告、2カ月連続で3万件超 - URL件数も高水準
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
活動再開「Emotet」、1000社以上で観測 - 発見遅らせる機能強化も
「Lazarus」が新コロ研究情報を物色 - 政府や製薬企業に攻撃
ゼロトラスト実現に向けたロードマップ作成サービス - SBT
12月21日より「Emotet」感染メール増加 - あらためて警戒を
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を