Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

本社と代理店で契約申込書1524件の紛失が判明 - アニコム損保

ペット保険大手のアニコム損害保険は、本社やペットショップ代理店において、あわせて1524件の契約申込書が所在不明になっていることを明らかにした。

紛失が判明したのは、ペットショップで顧客がペット購入時に保険契約を申し込んだ際の契約書。同社や165のペットショップ代理店において所在がわからなくなっており、同社は、大半が手続き終了後に誤って廃棄したものであると説明している。

契約者の氏名、住所、電話番号、生年月日、メールアドレス、保険料、保険期間などが記載されているが、関連する問い合わせなどは確認されていないという。同社では、対象となる顧客に説明と謝罪の文書を送付する。

(Security NEXT - 2012/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
患者情報扱うPCが所在不明、店舗リフォーム時に誤廃棄か - 調剤薬局
不正アクセスで顧客情報約8.8万件が被害か - 保険代理店
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
被保険者や求職者情報含むバックアップ媒体を紛失 - 厚労省
個人情報含む国民健康保険の申請書を誤送付 - 郡山市
不正アクセスで保険契約情報など顧客情報流出の可能性 - 保険代理店
介護保険被保険者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 播磨町
郵便物差出票に個人情報含む用紙を再利用 - 大阪市