Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

本社と代理店で契約申込書1524件の紛失が判明 - アニコム損保

ペット保険大手のアニコム損害保険は、本社やペットショップ代理店において、あわせて1524件の契約申込書が所在不明になっていることを明らかにした。

紛失が判明したのは、ペットショップで顧客がペット購入時に保険契約を申し込んだ際の契約書。同社や165のペットショップ代理店において所在がわからなくなっており、同社は、大半が手続き終了後に誤って廃棄したものであると説明している。

契約者の氏名、住所、電話番号、生年月日、メールアドレス、保険料、保険期間などが記載されているが、関連する問い合わせなどは確認されていないという。同社では、対象となる顧客に説明と謝罪の文書を送付する。

(Security NEXT - 2012/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

郵便物差出票に個人情報含む用紙を再利用 - 大阪市
保険証券システムで他契約者情報が閲覧可能 - 日本ワイド少額短期保険
個人情報含む書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 大阪府
保健所で感染症法関連書類の誤送付が発生 - 大阪府
保育施設保護者向け書類を誤配布、国保免除申請書の紛失も - 高槻市
関係ない個人情報含む表計算ファイルを送信 - つくば市
福祉事務所でメール添付ミス、名簿を誤送信 - 糸魚川市
新型コロナ宿泊療養施設で他療養者の健康保険証が閲覧可能に
「ダイヤモンド・プリンセス」運営会社から情報流出 - 2019年中ごろに発生
高齢者施設関係者が個人情報を政治利用 - 小金井市