Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペルスキーの新スローガンは「Save the World」 - BMW当たるキャンペーンを開催

logokp1.jpg

カスペルスキーは、あらたに「Save the World」をスローガンに決定したと発表した。

今回採択したスローガンは、ウイルスを撲滅し、被害をなくすことを目指すEugene Kaspersky氏の企業理念に基づいたもの。顧客との信頼関係を高め、脅威と戦うことを目標に企業活動を推進する。

また同社は今回の決定を記念し、本日11日より「カスペルスキー Safety Greenキャンペーン」を開始した。オープンキャンペーンで、賞品は「BMW の X1 sDrive18i」。キャンペーンサイトでメールアドレスを登録し、返信されたメールのURLからキーワードを入力して応募する。締め切りは7月10日。

(Security NEXT - 2012/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Lazarus」が新コロ研究情報を物色 - 政府や製薬企業に攻撃
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
仮想環境向けセキュリティ対策製品を機能強化 - カスペ
コンシューマー向けパスワード管理製品を発売 - カスペ
カスペ、社内用マルウェア解析ツールを製品化 - APTとの関連性をレポート
エンドポイント対策強化するサンドボックスとEDR - カスペ
組込機器向けセキュリティ製品に新版 - カスペルスキー
不正送金マルウェア - 企業狙いへシフトか