Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Twitter、自社からのアカウント情報流出を否定 - 流出原因は外部サイトで大半はスパムアカウント

Twitterは、一部メディアによるアカウント情報の流出報道に対して、一般アカウントの流出はなかったとの見解を公式ブログで示した。

同社は検証結果として、外部サイトで公開されたIDとパスワードに関し、Twitterとは別のサイトから流出したものと結論付けた。関連するアカウントに対してパスワードのリセットを実施しているが、大半はスパムとして停止されたアカウントで、通常通り利用しているユーザーのアカウントには影響ないとしている。

同社は、アカウント情報の流出を防ぐため、ログインするサイトが信頼できるサイトか確認するとともに、パスワードの安全性を高めるため、第三者が予想できないパスワードを利用したり、使い回しをしないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ハウスクリーニングのマッチングサイトに不正アクセス
ゆうちょ銀「mijicaサイト」で不正ログインか - 一部で機械的な画面遷移
「Emotet」に感染、個人情報流出の可能性 - 群馬県社会福祉協議会
「Emotet」感染で大量のなりすましメールが送信 - 理研香料
VPNアカウント流出、内部侵入は否定 - 平田機工
テレワーク環境でマルウェア感染、社内に拡大 - 三菱重工
メルアカに不正アクセス、関係者へフィッシングメール - LINK-J
通販サイト「ショップチャンネル」にPWリスト攻撃
委託先が顧客データのバックアップを誤って公開設定 - ヘルスケア事業者
任天堂で不正ログイン、30万件に影響 - 不正取引は1%未満