Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT西、ウェブアプリやプラットフォームの脆弱性診断サービスを提供

NTT西日本は、法人向けクラウドサービスのメニューを拡充し、「Webアプリケーション診断」および「プラットフォーム診断」を追加した。

同サービスは、クラウド環境に企業が構築したウェブアプリケーションやプラットフォームに対して脆弱性検査を実施し、診断結果や改善策などを提供するもので、「Bizひかりクラウド スマートサポート」にて提供する。

「Webアプリケーション診断」では、30項目を診断し、結果や改善策などを報告する。価格は、5ページを対象にリモート診断を実施した場合、98万円から。主要5項目の診断を行う「Webアプリケーション診断Lite」は、1ページ20万円から。

「プラットフォーム診断」では、OSにおける約1万項目をリモートで診断し、結果報告と改善策提示を行う。価格は、1グローバルIPアドレス対象で30万円から。簡易な診断報告書を提供する「プラットフォーム診断Lite」は15万円から。

(Security NEXT - 2012/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イー・ガーディアン、JP-Secureを完全子会社化
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
ペネトレーションテストサービスを開始 - BBSec
WAFにDDoS防御機能を追加 - CDNetworks
EC-CUBE特化のクラウド型WAFサービス - イーシーキューブ
テレワーク環境向けに期間限定の脆弱性診断 - BBSec
リモート環境のセキュリティ診断サービスを開始 - セキュアワークス
ウェブアプリなどの脆弱性情報を配信するサービス - EGセキュア
IoTに特化した脆弱性診断サービス - サイバーマトリックス
ウェブアプリ脆弱性検査ツールに上位版 - 「ブラインドSQLi」や「XXE」に対応