Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、5月の月例セキュリティパッチは7件を予定 - 「緊急」3件含む

日本マイクロソフトは、5月の月例セキュリティ更新プログラム7件を5月9日に公開する予定だ。深刻度「緊急」のプログラムは3件となる見込み。

深刻度がもっとも高い「緊急」にレーティングされているのは、「Windows」や「.NET Framework」「Silverlight」「Office」に関連する更新プログラム。いずれも悪用されるとリモートでコードが実行される可能性があるという。

のこり4件の深刻度は「重要」。「Windows」や「Office」における特権の昇格、リモートのコード実行といった脆弱性を修正する予定。

(Security NEXT - 2012/05/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請
MS、「Exchange脆弱性」の影響を緩和する簡易ツールを公開 - 未修正なら活用を
「Exchange Server」脆弱性、10グループ以上が悪用か - パッチ公開前にも
「Exchange Server」攻撃で悪用された「China Chopper」の解析情報
MS、3月の月例セキュリティ更新を公開 - ゼロデイ脆弱性にも対応
SOCで「Exchange Server」への攻撃は未観測、PoCも未確認 - ラック
「Exchange Server」への攻撃、無差別かつ広範囲に - 米政府が全組織へ注意喚起
「Exchange Server」への攻撃が拡大 - MSが侵害確認スクリプトを公開
「Microsoft Exchange Server」に定例外パッチ - ゼロデイ攻撃が発生
長年存在した「Microsoft Defender」の脆弱性が月例パッチで修正