Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

営業担当者の半数が転職時に名刺を持ち出し - 「名刺は個人所有物」との認識根強く

法人営業の担当従業員が、業務上取得した名刺について、企業ではなく個人の所有物であると考える傾向が強いことがわかった。

B2B事業を展開する三三が、全国の法人営業担当者600人を対象に、名刺に関する意識調査をインターネットで実施し、判明したもの。

調査によれば、1カ月あたり取得する名刺は平均15.9枚。名刺について企業内で共有へ抵抗を感じるとの回答は37.4%だった。「相手の許可を得ていない」との理由が最多だったが、共有により他従業員に成果を奪われることの懸念もあり、「人脈であり個人のものである」との認識も目立ったという。

転職時に「すべて持ち出す」とする回答は38.5%にのぼり、「一部持ち出す(12.1%)」をあわせると半数以上が名刺を持ち出すと回答。「会社にすべて置いていく(38.8%)」を上回った。

(Security NEXT - 2012/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

最大7年分のPC操作ログを保管、検索できるクラウドサービス
職員が公文書を持ち帰り、家庭ゴミとして処分 - 相模原市
日産証券、不正アクセス受けた取引システムを廃止 - 一部代替システムへ
酒に酔って個人情報を紛失した職員を処分 - 東京都
飲酒後帰宅途中に眠り込み児童相談の個人情報を紛失 - 東京都
アカウント2件に不正アクセス、スパム踏み台に - 早稲田システム開発
神戸市民生委員が車盗被害、高齢者台帳も - 車両見つかり今後詳細調査
看護師が業務書類を無断持出、荷物緩衝材に利用 - 東邦大関連病院
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック
職員が患者情報含む私物USBメモリを一時紛失 - 徳島市民病院