Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アドビ、政府認証基盤の自己署名証明書を自動配信

アドビシステムズは、政府の要請を受け、「Adobe Reader」「Adobe Acrobat」に政府認証基盤(GPKI)の自己署名証明書の自動配信を開始した。

従来、両ソフトにおいて日本政府機関が署名したPDF文書が改ざんされていないか検証するためには、事前にGPKI認証局から自己署名証明書を入手し、インストールする必要があったが、同社と米Adobe Systemsと連携して、証明書の自動配信を開始したもの。

NISCでは、政府におけるPDFファイルを悪用したサイバー攻撃への対策を強化しており、その一環として同社に協力を要請した。

同対策以外にも、両ソフトの脆弱性を悪用する攻撃が発生しているとして、各省庁に対して、アップデート情報の提供や、すみやかな適用を求める注意喚起を実施。電子署名の確認、セキュリティ対策ソフトの活用など閲覧時の対策実施を推進している。

(Security NEXT - 2012/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性 - ゼロデイ攻撃が発生、早急に対応を
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデート、2月9日に公開予定
Adobeがアップデートを公開 - 7製品に脆弱性
「Adobe Acrobat/Reader」に情報漏洩のおそれ - アップデートで修正
「Adobe Acrobat/Reader」のパッチは今週中に公開 - Adobeが予告
Adobe、3製品向けにセキュリティ更新 - 深刻な脆弱性などを修正
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
Adobe、「Adobe Connect」など2製品にセキュリティアップデートを公開
中国で脆弱性を発見する国際コンテスト - 11製品で脆弱性が明らかに
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートで修正