Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

届け出あったスマホアプリの脆弱性、85%に情報漏洩のおそれ - IPAまとめ

情報処理推進機構(IPA)によれば、2011年後半よりスマートフォンアプリの脆弱性に関する届け出が増加している。そのうち約85%に情報漏洩のおそれが存在していた。

同機構によれば、スマートフォンアプリの脆弱性は、2011年後半より届け出が寄せられている。2011年第3四半期に10件、第4四半期に17件、2012年第1四半期に7件のあわせて34件にのぼっており、ソフトウェア製品の脆弱性に関する届け出のうち、約4分の1を占める状況だ。

届けられた脆弱性34件のうち、85%が「アクセス制限の実装上の不備」に関する脆弱性で、情報漏洩につながるおそれがあったという。同機構は開発者に対して、データを管理、共有する機能を実装する際に、アクセス制限の設定を十分に考慮するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
データ保護の責任所在 - 日本とアジア地域にギャップ
フィッシングサイトが最多記録を更新 - 報告数も高水準
フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新
進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調
2020年1Qの脆弱性届け出は263件 - ウェブサイト関連が倍増
約7割が通常出社、在宅対応できないケースも少なくなく
テレワークの課題は社内体制と設備、セキュリティ - 都内企業
シニアの25%がフィッシングに遭遇 - 4割強が相談相手いない