Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、「Windows XP」利用組織に最新版への移行検討を呼びかけ - 企業や団体は特に注意を

「Windows XP」「Office 2003」のサポート期間終了まで2年間を切ったことから、日本マイクロソフトは、利用者に最新版への移行を検討するよう呼びかけている。

両ソフトウェアのサポート終了日は2014年4月8日を予定しており、以降はセキュリティ更新プログラムなどを提供されなくなることから、アナウンスを実施したもの。

「Windows XP」の発売は2001年で、すでに10年以上が経過。インターネットにおける脅威など当時から大きく変化しており、同社は使い勝手だけでなく、セキュリティ対策としてのメリットもアピールしている。

移行にあたり特に注意が必要なのは企業や団体。予算の確保や利用するソフトウェアの動作確認など時間を要するケースがある。スムーズな移行を支援するサービスがサードパーティより提供されており、こうしたサービスの活用なども呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
消費者庁が「サポート詐欺」に注意喚起 - MSロゴなど悪用
政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
複数脆弱性を修正した「OpenSSL 1.1.1j」が公開
「OpenSSL」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
長年存在した「Microsoft Defender」の脆弱性が月例パッチで修正
「Firefox」にセキュリティアップデート - Windows版の脆弱性に対応
小規模向けCisco製VPNルータに深刻なRCE脆弱性 - アップデートが公開
小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を
ロジテックの複数製品に脆弱性 - EOLのため利用中止を